‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

流るる雨のごとく、流るる花のごとく

2017年3月17日 金曜日

 

 

 

 

 

ふっふー

 

春が来た、思春期、アラブの春、春画、

「春」という言葉は季節を指すだけにとどまらず、

物事の「盛り」や「はじまり」を意味する言葉ですが、

 

生まれてこの方32年、春を思い続けている満腹さんは

今年でもう2度目となるという合コンに足を運ばれるようで、

「一応、次の日は休みをとっているブウ」と頬をたるませておられました

 

本当に次の日、ベッドに春一番が吹き込むのか、

それとも一日中冷たく枕を濡らすこととなるのか、

ともかくももう休みをとったからには頑張れ!マン太郎選手!

 

チェケローです

 

 

 

 

私チェケローはマン太郎選手を応援していますということですが、

「Instagramにあげるボブが人気で嫌になるから

こうなったらもう自分のプライベートを切り売りしていくブフフ」と

 

豊満な目尻に悪いしわを寄せる満腹さんの背中を

強弱関係なしに押していきたい僕の気持ちも含めて、

いろんな意味で春が待ち遠しい今日この頃

 

3月にはダイチサンが劇団925に出演されますし、

4月はシネマバトル、そして次回公演14Fの稽古が始まってきますし、

5月にはABC春の文化祭に出演することになっています

 

 

 

 

そんな中、満腹さんの出演情報は

上記の合コン以外に僕はまだ耳にしておりません

 

一度目の合コンはまさかの男女全員初対面で、

まず男性側と仲良くなるので手間取る、という世紀の不戦敗を喫し、

「…早く、次!」という必要以上の入れ込みにより、

今回休みをとってまで合コンに出演されることが決まったそうです

 

明日開催ということで、多分マン太郎選手は

ご自身御用達の巨人服専門ショップであるフォーエルに行き、

大きいサイズの新しい衣装を新調されていることと思いますので、

満腹さんが全身で春を謳歌されることを祈りまして、

ここで手を合わせておきたいと思います

 

大事なのは多分、合コン自体よりも合コンのあと!

頑張れ!マン太郎選手!

 

 

 

 

それと和柄だけは使用禁止ですということを強めに進言したところで

僕は合コンに参加したことないので変なアドバイスはやめて、

 

とにかく最近働いてしかいない僕は明日、吹田の山奥にBESSという

ログハウスのような家をオーダーメイドで建てた兄の引っ越しを手伝い、

19日にはボブさんたちとイギリスの舞台の映像を観に神戸まで行き、

20日はこれまたボブさんに誘われて

リーガロイヤルホテルのワインイベントに行くことになりました

 

楽しい2日間を前に兄の偉大さに圧倒される3連休となりそうですが、

みなさんも最後の冬、素敵な3連休を!

ウィーケンウィーケン!

 

 

 

 

 

THE ROB CARLTON   た☆の☆し☆い週末を   チェケロー

 

VOL.3 ボブの稽古場から

2015年10月21日 水曜日

 

 

 

ボブの稽古場から

今日は「彫りが深く顔が濃い一昔前の男」をお話します

 

稽古もだんだんと活気づいてきました

台本も増えていき、どんどん前に進んで行きます

 

今回も素晴らしい客演の方々にお力添えを頂いているわけですが

私はいつもキャストが決まってから登場人物やキャラクターを考えています

 

だいたい最初の方は、私がその方からイメージした感じで作っていきます

なのでひょっとするとご本人からしてみたら意外なキャラクターなこともあるかもしれません

 

例えば男肉 du soleilの高坂勝之さんは初めて彼を観たときから

絶対に無表情の鋭い役をさせたら面白いと思っていました

それが「スティング・オペレーション」の切れ者秘書、スコットです

前回の、出来る執事頭、五郎丸もよかったですね

 

さらに前回で言えば、西垣匡基さんの外務大臣もひとりだけずば抜けて明治の大臣感がありましたね

これも彼には明治の大臣の雰囲気がぴったりだと思ったからです

 

 

そんなわけで、「彫りが深く顔が濃い一昔前の男」、澤田誠さんです

(「堀が深く〜」はご自身のブログにも記載されているのでオフィシャルご紹介文とさせて頂きました)

 

ご縁があって今回ご出演頂くことになりました

 

今までのTHE ROB CARLTONにはいなかった感じの風采と容貌です

それは今回の「CREATIVE DIRECTOR」にはなくてはならないファクターです

 

いい感じです

 

これまではあえて作ってこなかったキャラクターになりそうです

 

どんな感じかは内緒ですが

「彫りが深く顔が濃い一昔前の男」の風采と容貌を活かせたようなキャラクター

上手く作れたらいいなと思っています