2017年12月 のアーカイブ

たまーに聴くラジオってすごくいい

2017年12月21日 木曜日

 

 

 

 

 

ぱっぴー

 

師走の街をいろどる赤とか緑とか、

「MERRY〜」的なイルミネーションよりも、

6人ぐらいの男女がきゃっきゃ通りすぎていく姿が異様にまぶしい最近

 

今年はなにか異様なまでにみんなが

「今年ほんまに早かった〜」と口を揃えるので、

僕もなんとなく(今年早かった〜)と思いながら駅前を歩いていると

洛西では知らない人のいない、《ラジおっさん》を見かけました

 

《ラジおっさん》とは、きわめて端的に説明すると、

《近所に現れるラジオを持ったおっさん》のことで、

小学校からの下校路、ふとした街角、なぜか放課後の校庭、

何かと出くわしては「遊戯王のキラカード」をくれ、

「お前、男前やなあ」と認定された場合には「500円」をくれる、

きわめて端的でないおっさんでした

 

主にウルトラマンやアトムなどのテーマがかかる大きめのラジオを

そっと小脇に抱えているその挑戦的なスタイルから

《ラジオおっさん》《ラジおっさん》《ラジおじ》などと呼ばれ、

出会うと何ともラッキーな感じがした妖精みたいなおっさんでした

 

そんな彼がこないだ駅前で無音のラジオをそっと小脇に抱え、

想像以上に老けた姿で何も言わず僕の前を横切って行ったとき、

僕は今年どころではなく、20年ほどを一気に思い知ることになりました

 

本当の幸せおしえてよラジおっさん!

チェケローです

 

 

 

 

「お前、男前やなあ」でもらう500円玉よりも

去り際に頭をくしゃくしゃっとなでて去っていくラジおっさんの背中が

なんともいえず僕たちの心を掴んでいた気がしますが、

たまーにキラカードを見せるだけ見せて去っていくときもあったので、

大変にツンデレのきついおっさんでもありました

 

京都の西方それもわりと広域にわたって目撃談があるわりに、

彼の詳細について知る人はいない、

そんなラジおっさんの神秘を深追いするのはもうここまでにして、

今日もまた15F「マダム」の詳細について迫っていきましょう

 

 

 

 

12/16(土)よりチケット予約が開始いたしまして、

おかげさまで多くのご予約をいただいており、

ご予約くださった方のお名前がこぼれる涙で見えないほどで、

たくさんの方に気にかけていただいてるんだなあという気持ちと

これは頑張らねば!という気持ちが高ぶっております

 

それなのに僕はラジおっさんの話なんかをしていて、

これ以上のお目汚しはないなあと思っておりますし、

ラジオの「オ」とおっさんの「お」を兼ねるという斬新なネーミングセンスが

ラジおっさんの異常なる魅力を生んでるなあとも思っております

 

それに無音ならラジオは家に置いてくればいいのに、とか、

いやでもラジオなきおっさんはもうそれは「おっさん」、とか

終生ラジオはそっと小脇に抱えていてほしい、とか

いろんな感情が湧いては冷める光景でありました

 

 

 

 

これはもう「マダム」ご来場者はもとより、

京都の西の方で幼少を過ごした同年代の人全員に読んでもらって

いま一度、心のラジおっさんにチューニングを合わせてほしいですし、

何よりもラジおっさんが読んでくれたら最高の形となります

 

それにみなさんも地元にいた謎のおっさんを思い出してもらえれば

このブログを書いた甲斐があるというものですし、

なんとなく羅列しておいた過去公演の写真を見ていただいて

15F「マダム」にむけて心のボリュームもあげてもらえたら幸いです

 

よろしくお願いしまあ

 

 

 

 

最後のラジオにかけてるけどよくわからない言葉に関してましては

何卒、ご容赦いただくとしまして、

ともかくも僕たちはこのクリスマスムードに浮き足立つことなく、

12/25当日には滋賀・守山の地に足をつけることになっています

 

あんくるトム×trio OJO Christmas LIVE」というライブで、

以前にもお邪魔したtrio OJOさんのライブに

またしても伝説のフォークデュオ「むかしむかし」が

禁断の新曲を引っさげて凱旋するという情報だけを仕入れています

 

クリスマス当日を、滋賀は守山で、

謎のデュオ「むかしむかし」と同じ空間で過ごすという

過去にも未来にも今年しかない過ごし方となりそうですが、

ぜひご興味のある方は、聖なる夜にどうぞ守山までお越しください

 

 

 

 

華やいできた師走の街、クリスマスにむけて

プレゼントをあげる準備ともらう準備を忘れないように、

あげる心配ももらう心配もない人は戸締まりの準備を忘れないように、

それぞれに素敵な一夜をお過ごしください

 

それでは、ラジオを持ったおっさんに出会った際には必ずご連絡くださいね

さあパジャマを脱いだら出かけよう〜

 

 

 

 

THE ROB CARLTON   サンタのおじさんよりラジオのおっさん   チェケロー

 

 

本当に悩んでいることは人に話せないから悩む

2017年12月17日 日曜日

 

 

 

 

フハァー

 

白い息を吐くバイクで走る職場までの道のり、

お風呂に入るためにこたつを出て服を脱ぐまでの道のり、

スヌーズで起こしてくる目覚ましをとめて布団を振り切るまでの道のり、

これらの寒みがたいへん体にきつみな季節となりました

 

晩秋から初冬にかけての冷え込みが

あたたかいもの食べたみをぶりぶりかき立てますし、

あたたかいものって本当においしみなのでぶりぶり食べてしまって、

気がついたらぶりぶり太り、毎日ぶりぶりうんみが出る僕です

 

こうやってハイパーくだらん「うんみ」とか言っているうちに

兄から「今朝、第二子が生まれました」という連絡が入りまして、

僕は晴れて、二児の叔父となりました

 

おじみ

チェケローです

 

 

 

 

産婦人科まで1時間ほど電車を乗り継ぎ、お見舞いに行くと、

すっかり父親の顔となった兄、兄となる甥が迎えに来てくれて、

生後2日目ふわふわの赤ちゃんを抱っこさせてくれました

 

時おり腕の中で力強くもがくその顔は文字通り「赤ちゃん」でしたし、

目に入れても痛くない」という大変よくできた言葉と、

「女の子ほしいけどもう生みたないし拓郎のときは女の子お願いな」という

兄嫁さんからのスッとうなずけない言葉が深く目に沁みた、

そんな甥っ子2号との初対面となりました

 

今後、鋭くなるであろう親の目線を目に入れたら大変に痛いので、

本日は15F「マダム」のチケット発売のことだけを注視していきましょう

 

 

 

 

上の画像を見ていただければ公演情報が一目瞭然ですので、

ご鑑賞予定の方、お迷いの方はこちらをご参照いただき、

チケット購入に備えてもらえれば憂いがありませんし、

無興味の方は「ふーん」とでも漏らしてもらえたら御の字です

 

そして、これはわりあい重要なお知らせですが、

今回から大阪に加えて東京との2都市公演になるにあたり、

チケットの名入れシステムを、今回から早期予約特典としまして、

【2017年12月16日〜2018年1月7日】あいだにご予約いただくと

オリジナルチケットにご予約様のお名前をお入れいたします

(お連れ様のお名前はご予約の際、備考欄にフルネームでどうぞ)

 

オリジナルチケット自体はこれまでどおりお渡しいたしますが、

2018年1月7日以降にご予約された方にはお名前が入りませんので、

名入れご希望の方はどうぞお気をつけくださいませ

 

我々のホスピタリティのひとつを、どうぞご利用くださいね

 

 

 

 

初めての東京公演にむけて移動そして宿泊など

東京へ向かうための打ち合わせをしていると

限りなく未知にあふれていて雲をつかむような気持ちになりますが、

「東京へ行く」ということ自体に、やはり僕は高揚を禁じ得ません

 

高速バスで止まるサービスエリアでは絶対にトイレしたいし、

どこに行っても名物っぽい顔をしてる練り物とか無駄に食べたいし、

夜は大きな部屋で意味もなくわいわいひそひそしたいし、

誰にあげるでもなくおみやげを選んだりしたいです

 

もちろん、我々の目的はただ「東京公演をする」ということではなく、

「東京公演でしっかり結果を残す」ことであって、

上京するだけでひたすらに浮かれているわけにはいきません

 

僕もハイパーくだらん「ぶりぶり」とか言ったり、

甥とか上京とかに舞い浮かれるのはほどほどにして、

これからはメリとハリを忘れず、ほどよい緊張感と遊び心をもって、

15F「マダム」に関わっていけたらなあと思っています

 

満腹さんにおかれましても、いくら舞台上でセリフがないからといって

最前列の女性のスカートの中ばかりを気にするのはやめて、

舞台上では出オチの域を超えた厚みのある演技を、

プライベートでは500人の男女を従えた酒池肉林の生活をして、

メリハリのあるよいミドルエイジをお過ごしください

 

応援しています!マンちゃんさん!

 

 

 

 

毎回ハイパーくだらんマンちゃんいじりもほどほどにして、

そんなマンちゃんさんが以前「関西ベストアクト」というランキングで

「史上まれに見る混戦を極めた」という2017年上半期・役者部門で

第3位に選ばれまして、その寸評が公開されました

 

その混戦さというのをマンちゃんさんはしっかり理解しているのか、

いまいちピンときていないんじゃないか、

もう自分のところしか読んでないんじゃないか、

よもや、1位に選ばれた気持ちになっているんじゃないか、

 

さまざまな憶測が飛ぶマン太郎先生の第3位をご確認いただければ

マン太郎先生がただただ嬉しくなりますということをお伝えして、

今夜は眠たくなるまでこたつにもぐりこもうと思います

 

雪見だいふくとか買ってきて食べたりもします!

それでは!ヤー!

 

 

 

 

THE ROB CARLTON  掛け布団の上から毛布かけるとか慣れへん  チェケロー

 

 

忘年会で年を忘れたことない

2017年12月7日 木曜日

 

 

 

 

 

 

 

ぱうわう

 

 

お寺の木々が黄色く紅く、鮮やかに色づいてゆくことよりも、

四条河原町のバス停にできた尋常ではない長蛇の列に

(お、ああ、秋なんやなあ)と思う今日この頃

 

行かないとわからない名勝の紅葉なんてつゆ知らず、

市街の交通量、電車の乗車率、修学の旅行生、爆買の中国人、

目に見えてちがう人の流れに深秋を禁じ得ない最近

 

ただ、そんな深秋の味わいをよそに、街はキンキラぴかぴか、

目の前の紅葉ではなく遠方のサンタさんに手をふる浮かれムードに

大きく季節感を揺さぶられる、そういう季節となりました

 

サンタさんを無垢に信じていた20年前、

12月25日朝に父の友人がサンタの姿で現れてくれたこと、

当時サッカーをしていたのにイチローモデルの金属バットをもらったこと、

その金属バットで放ったボールが

近所のおじいさん宅の窓ガラスを破ってギンギンに怒られたこと、

 

今となっても酸味の効いた思い出です

チェケローです

 

 

 

 

別のクリスマスには朝起きたら

プレステとクラッシュバンディクーの最高の組み合わせが置いてあって

3までバリバリにやり込んだ思い出もなかなか酸味きつめですが、

もうそんな酸味のお話はさておきまして、

今日はついにキャストが出揃った15F「マダム」の旨味についてお話しします

 

12/1にキャストの最終発表がありまして、

このたび三上市朗さんの出演が決定いたしました〜

わあぱちぱちぱち〜

 

 

 

 

『タッチャブルズ』でダイチさんと満腹さんが共演して以来、

満腹さんがしきりに「艦長」と慕う三上さん、

幸せにも新たに演劇界の大先輩の胸をお借りすることになりまして、

川下さんはじめ、たいへん胸踊る顔ぶれが勢ぞろいしました

 

僕たちのお馴染みとして我々の信頼の的、伊勢村さん、

持ち前の演技力で世界に深みをもたらす男肉 du Soleil高阪さん、

僕たちの大事な進出の局面で頼れる盟友大石さん、

 

過去に一度の出演ながらたいへん親しみのある有識者御厨さん、

お笑いのエッセンスを舞台にふりまいてくださる近藤さん、

小劇場界の神でありボブダイチさん父の友、川下さん、

 

そこに三上さんという素晴らしい色が加わりまして、

カラーバリエーション大変豊富な布陣で「マダム」に挑むことになりました

 

 

 

 

6年前、まだちんぷんかんぷんの中、この集合写真を撮ったときには

とにかく楽しい未来を漠然と思い描いていましたし、

その感じは大事な宣材写真を謎のミーティング室で撮ってる感じから

ギンギンに感じ取ることができると思いますが、

本当にたくさんの方にお世話になり、ここまで歩むことができました

 

そのミーティング室を包んでいたとにかく楽しい雰囲気が

今でも僕の原動力だということに1ミリの過言もありませんし、

 

「たくさんの方にお世話になった」という言葉に寸分の狂いもないことは

6年間を経てようやく15F「マダム」で東京に行けること、

しかもこんなに恵まれた顔ぶれで挑むことができること、

何も言わなくてもここからすべてを掴み取ることができると思います

 

 

 

 

僕はここに古藤さんがいないこと、

これをやはりどうしようもなく寂しく感じておりますが、

古藤さんの不在を補っても余りある多彩な顔ぶれが揃いましたので、

ぜひ様子を覗きに来ていただけたらみんな満面の笑みになれます

 

古藤さんがもしこのブログを読んでいたら

ぜひまたご一緒できることを祈っていますということをお伝えしたところで、

そして明日からこちらも思い描いていなかった公演、

メッセンジャー黒田さんpresents「既読アリ」が始まるということです

 

ただ「明日からです!」と言われても明日の予定は決まってるし、

予定してない人からしたら「ふーん」としか思わない告知なのは承知の上で、

ぜひボブさんの晴れ姿をご覧いただけたら嬉しいですし、

6年間の僕たちの歩みにも思い巡らせてもらえたら嬉しさしかありません

 

この機会にしかないことだと思いますので、

どうぞ仕事帰りにでもふわっと立ち寄っていただけたら感涙です

よろしくお願いします

 

 

 

 

僕のこのクソ長ブログにここまで目を通していただいてることすら

僕としては本当に嬉しくてたまりませんし、

そのうえ[Good]、リツイート、いいね!などに親指を当ててもらえたら

僕は目をギンギンにして喜びますし、

もうそのことは忘年会にて忘れてもらってもぜんぜん大丈夫です

 

それでは、つま先から冷える最近となってきましたので、

アウターだけではなく、ヒートテックなど下着も分厚くして、

体調だけはぜったいに壊さないように、

温かいものを口に含んで本当によい年末をお過ごしくださいませ

 

年賀状、書くのめんどくさいけど書きましょう!

よいお年をね!

 

 

 

 

THE ROB CARLTON   人生で重要な6年間を過ごしました   チェケロー