心配していることが起きるのは三流

 

 

 

 

しーん

 

ゆく冬とともに人が去り、くる春とともに人に会う、

そんなめまぐるしくも儚い人とのめぐり合いに、

自分の行く先含めていろんな人の顔を想うこの春先のシーズン

 

今年でまさかの10年目となるバイト先でも

たくさんさまざまな顔が、僕の前を通り過ぎていきましたが、

今年も例年のように充実大学生たちが卒業、そして就職を控え、

暗くも輝きにみちた未来へと飛び立つ時期がやってきました

 

「僕、2月いっぱいで辞めます」という京大生の子に「就職?」と訊くと

「いや、春から東京工業大の大学院に行きます」という

めまいがするようなバチバチスーパーエリートコースに、

 

「へえ!何を研究するん?たぶん聞いてもわからんけど」と言うと

「場の量子論です」というほんまに聞いてもわからん研究をする彼が

「入江さんは?…ていうか、京大生なんですか?」と言うので、

 

「うーん?どやろなあハハハハハハハ」と笑ってごまかしにかかる僕に

「入江さんもいっしょに卒業して東京行きましょうよ!」と微笑んだ、

学歴のみならず心までもがバチバチにエリートだった彼

 

彼が5月に僕のことを忘れていたとしても、何の疑問も感じません

チェケローです

 

 

 

 

毎年、僕はこういう目でたくさんの人を見送ってきましたが、

これからあるであろう新たな出会いと同じぐらい、

「あの人は今どうしてるかな?」ということにも自然と想いがめぐる最近

 

会いたいけどなかなか会えない人、なるべくして会わなくなった人、

あんなに会ってたのにいつの間にか会わなくなった人、

会わなさすぎてなんだか会いづらい人、

今の生活でよく会う人といつ会えなくなっても後悔しないように、

それだけを日々心がけて人と接しております、が、

 

いやはやいったい自分自身がこの先どうなっていくのか、

今どこかでなにかをしている遠い誰かの現在はもとより、

自分の今後についても一心に想いを巡らせないといけないこの頃

 

 

 

 

今年だけで5件も入っている結婚式の招待を手に

(全部で15万かあ…)とうんこのような計算しかできない僕は

同世代の先頭集団から遅れ始めている感じとなっておりますが、

発想を転換すればこんなに誘ってくれる友人が多くいることは幸せですし、

これはもう「昔の自分、アザス」と、口角をあげていくことが肝心です

 

現状に対して落ち込もうと思えば底なしですし、

目の前の境遇を、見たまんま憂い嘆くのは非常に簡単なことですが、

そんなものは塞翁が馬、気の持ちようひとつですし、

世間との折り合いの中で腐らず向上心を忘れないこと、

これを胸に、生きる活力をひそやかに灯している最近の僕です

 

 

 

 

こんないらない熱さとかどうでもいい精神論とかで武装しないと

世間からの(あの人って今、何したはる…?)の目線で針のむしろですし、

そんな声が耳に入らないように人付き合いから遠ざかりがちです

 

どんな状況にあっても自分が普通だと思い込んだら成長はありませんし、

調子が上向きなときほど自分に疑問を、下向きなときほどを自分に自信を、

潤滑の秘訣はすべて自分の心向きにあることを忘れてはいけません

 

評価されないからって自分で自分を評価しているうちに、

理論武装だけ最強になって中身すっからかんというのはただただ凄惨で、

自分がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!という思想を持つ満腹さんも

いったん深呼吸をして自分の胸に手をあててみてほしいと思います

 

今年でもう2件目となるという合コンに進んで参加する前のめり姿勢、

あわよくば感、タバコの煙を鼻から出すときの顔、一杯目からの梅酒、

パチンコを「パチ」、たまに本気の感じで言う「俺の方が年上やぞ!!!」、

からし色の靴、いかり柄の靴下、全盛期の森昌子ヘア、

 

もう、みなまでを言うことはしません

 

 

 

 

あまり言い過ぎると怒られて圧死してしまいますのでこのへんにして、

そんな満腹さんが近々ワークショップを開かれるそうで、

その手伝いに「チェケローはいてもらおうかな!」とご指名を受けますが、

そんなご指名は無視して本日は出演情報をふたつほどお伝えします

 

まず一つ目は、村角さんちの三兄弟31〜次男の人〜が出演する、

劇団925『福喜多さんちの三兄弟10~蒲公英の頃~』が

再来週(3月25、26日)まで迫っているということ、

 

そして今年もまたゴールデンウィークにABCホールで行われる

中之島春の文化祭2017」にTHE ROB CARLTONが

5月4日にFブロックで出演することが決まりましたということです

 

劇団925さんへの出演についてダイチさん曰く、

「オレ、頑張るし何もすることがなかったら観に来て」と

自信と謙虚さを含んだお誘いの言葉がありましたので、

ぜひみなさんもそんな謙虚なダイチさんの活躍を観てほしいですし、

 

中之島春の文化祭への出演についてボブさん曰く、

「コントではなくちゃんと芝居を作ろうかな」と

作家活動への熱い意気込みを含んだ決意の言葉がありましたので、

ぜひみなさんもそんな鋭意なボブさんの脚本を観に来てほしいと思います

 

そして、5月の中頃にはそんなボブさんが演出(+出演)をし、

ダイチさんが出演する舞台が大阪で上演される、との風の噂もありますので、

こちらの情報公開も今か今かとお待ちいただければと思います

 

よろしくお願いします

 

 

 

 

それでは、空気が暖かくなるにつれて気持ちがふわふわ、

原付に乗る空と風が異様に胸と目に染みる、

そういう自然と考えることが増える季節であることは

今日の僕のブログからたやすく読み取ることができると思いますが、

とにかく今日はもう頭を使うことはやめておフトゥンに入ります

 

朝夕の寒暖差に体調を壊すのだけは気をつけて!

あと花粉症なくなれ!しゃあ!

 

 

 

 

THE ROB CARLTON みんな幸せで過ごしててほしい チェケロー

 

コメントをどうぞ