夜空の向こうにはもう明日が待っている

 

 

 

 

 

 

ぱおぱおぱお

 

中秋の月灯りふんわり落ちてくる秋の夜長、

深まる季節につられて気持ちも少しずつ愁いを帯びる今日この頃

 

こないだから猫飼いたいってまわりに言いふらしたおかげで

「近くで猫4匹うまれたで、どう!」とか

「ゲージ余ってるのあるし、あげるな!」とか

「寒くなってきて布団入ってくるで!ほら、動画!」とか

猫好きの優しさが秋心と猫欲に深く染み入るこの初秋

 

いっそう猫肌ばかりが恋しくなっていきますが、

僕が最近、猫よりも何よりも愁いを帯びたのは、

久しぶりに会った職場のケユムさん(ウイグル出身)と

近況について会話を交わしたとき、

 

「日本語検定の1級がほしい、一生かかっても取りたい」と

なんだかすごい熱意と笑顔を見せていたので、その夜、

(どんなんかな?)と試しに模擬問題をネットで調べたときです

 

僕は下線部の読み方すらわかりませんでした

チェケローです

 

 

 

 

文脈からなんとなく意味はとれるものの、

ケユムさんにとっては余蘊(ようん)しかない気がしたので、

そっとケユムさんの旅路に掌を合わせまして、

本日はマーサムブラザーズの出演に接してきたお話をします

 

出演中に写真をむけることはもちろんタブーなので、

終演後に撮ろうと思ったらもう着替えてらっしゃって

特にもう何を撮ることもなく帰路についたのですが、

ライブハウスならではの濃い雰囲気に包まれたイベントでした

 

70年代に一斉を風靡したフォークデュオ「むかしむかし」、

その狂乱のセットリストは

1,ささくれ

2,というわけで

3,哀しみの俺たち

4,逃げる男

といった名曲をあしらった構成となっておりまして、

ライブでしか聴けないレアな音源を披露していました

 

 

🎙「むかしむかし」のお二人

 

 

なぜこのお二人がこのイベントに登場したかというと

このイベントの主催であるTrio OJOというバンドのボーカル、

吉田真由美さんがボブさんホテルマン時代の同僚で、

今回、Trio OJOさん1stアルバム発売記念ということで、

そのイベントにゲストとして出演したというわけです

 

オープニングアクト石黒文野さんの透明感と、

Trio OJOさんの天真爛漫でパワフルなステージのあとに

「マーサムブラザーズのむかしむかし」という

何も知らない方には永遠にハテナなステージがありました

 

ただ、僕は700円の生ビールを2杯も飲み、

3,000円のお会計をしてしまうほど永遠に場を楽しみましたし、

やっぱりただのファンなんやなあという認識で確定しました

 

ライブの詳細はブログで確認ができます

OJOさん、ありがとうございました!!

 

 

 

 

Trio OJOさんのFacebookからお写真を拝借しましたが、

こうやって見ても左隅の二人はまったく謎ですし、

それでありながらなぜか場に馴染める、

奇天烈な存在としていろいろ呼ばれてほしいなあと思いました

 

そして、こんな僕たちに何回もお力を貸してくださり、

8F「スティング・オペレーション」から6回連続で

ご出演いただいている伊勢村さんがこのたび、

事務所所属のため東京に越されるということもありました

 

その歓送に先日、THE ROB CARLTON5人と、

そして遅れて参加された男肉 du SoleilのKさんとともに

伊勢村さんの前途を祝するということをしました

 

 

 

 

ボブさんと酒井さんは

所用でお先に席を立たれてしまって写っていないうえ、

結局満腹さんの変な靴がいやに気になって

それをみんなで指さしている謎の写真となりましたが、

 

その安定感と知性でボブさんの台本に欠かせない存在として

たくさんお世話になった伊勢村さんの上京には

いくぶんかの寂しさと一同やはり奮い立つものを感じました

 

次回、THE ROB CARLTONも東京進出するにあたって

今後また一緒に楽しいことをできるのが僕たちの願いですし、

伊勢村さんの前途が明るく、一切の余蘊なきものと

心からお祈りしてこのブログの結びとしたいと思います

 

 

 

 

いつも長く書いてすいませんということで、

どうぞTHE ROB CARLTON 15Fの発表を楽しみにお待ち頂いて、

それではみなさん、欲望あふれる秋をご謳歌くださいね!

see you!

 

 

 

 

 

THE ROB CARLTON   ブログの秋    チェケロー

 

 

コメントをどうぞ