神社で手を合わせているとき特に何も考えてない

 

 

 

 

 

おっおお

 

 

年末年始に発生する各イベントにおいていつも片手にあるのはお酒、

話が積もれば積もる分だけ、会話が弾めば弾む分だけ、

おなかとお金の出ていき具合がノンストップ・ゴーゴーな今日この頃

 

年末そして年始を経て、幾分とろけたおなかまわりと財布の中身に、

「あ〜友達がいっぱいいてよかったなあ〜」と都合よく解釈する僕の脳みそも

いよいよとろけ始めてるのかなあといった最近の僕ですが、

みなさんはお変わりなくお過ごしでしょうか?どうなんですか?ん?

 

僕はこれ以上、体と財布をとろけさせないように、

サボりがちだった自転車にまたがり、風を切り息を切らしている最近です

 

鴨川沿いなんかを走ると、朝は鳥がいっぱいいるし、

昼は外国人がブロンドヘアーをなびかせて走っているし、

夜は闇に乗じて大学生カップルが顔面をくっつけたりしています

 

鴨川の西岸は、人が等間隔に座る観光スポットであるのは有名ですが、

何もない東岸にあえて座る人たちは、等間隔とか何も知らない外国人か、

煩悩1,000%のカップルが座る姦行スポットだと僕は解釈しています

 

※あくまで個人の感想です

チェケローです

 

 

 

 

鴨川東岸の茂みから西岸にむけて一心に双眼鏡をのぞいている人が

いったい何をのぞき見ているのかということも

僕は一人ひとりインタビューしたほうがいいと思っておりますが、

これも※あくまで個人の感想ですということで、

今日は15F「マダム」についても個人の感想をお伝えしたいと思います

 

これまでの公演では「女性」というものがストーリーに登場しないし、

もし登場しても声だけというシステムとなっておりましたが、

今回初めて本格的に登場する女性を、あえて男性が演じることになっています

 

 

 

 

THE ROB CARLTONに「女優さんが出る」という選択肢について

「そろそろ出さないの?」という質問によく接します

 

これまで特に意識して出さなかったというよりも

なんとなく女優さんを出すタイミングがなかったというか、

単純に女優さんの知り合いが少ないジャガイモ集団というか、

女優さんがいたら満腹さんの目が二重になったりする側面があるというか、

とにかくこれまで女優さんが出たことは一度もありません

 

さらに女優出演は、これからの僕たちの目玉となる感じもあり、

新しい新境地が見えたときにはついに女優さんが名を連ねるでしょうが、

ただ、今回の「マダム」に関して、タイトルがもう女性、東京初進出など

新境地感満載にも関わらず、しっかりと男性キャストばかりとなっています

 

 

 

 

ここまできたら女性が禁じ手のような感じもしてきた我々の舞台、

それならば、とついに女性を男性だらけで演じるという、

タカラヅカさんの反対方向に一石を投じる15F「マダム

 

映画「ヘアスプレー」で主人公の母役がジョン・トラボルタなのに、

ジェンダー的なやつではなく、がっちり女性役として登場した、

あれに近しい感覚で笑みを浮かべて頂ければ私たち暮らし安心です

 

このようなある種、新しい試みを持って東京へ踏み出すのは

ボブさんの作り手としての気概、意欲、変態性というものを感じますし、

ぜひみなさまも肩ひじ張らず、腕組みもいっさい解除して、

なにも考えずに非日常を感じてもらえたら一同本望でございます

 

あと、満腹さん(33)のもとに100年に1度の彼女ができてくれれば

僕たちももう言うことなしです※個人の感想です

 

よろしくお願いします

 

 

 

 

はてさて、人肌では補えないほどの寒気が肌身に沁みこんできて

人肌よりも断然こたつ恋しい季節となってまいりました

 

鴨川ってほんとうに街灯がなくて、

夜、ベンチなどに人影があるとそれは、楽器の練習している音楽家か、

闇の中で無闇に姦行をしている男女のどちらかだということは

僕個人の見解として、京都観光の豆知識としてメモしてもらったところで

もうそんなしょうもないことを言うのはやめにして今日は布団にインします

 

「熱の出ない隠れインフルエンザ」という

新種かつ謎の病魔がどうも猛威のようなのでくれぐれもお気をつけて、

体が資本、健康第一の生活スタイルをお貫きのうえ、

ぜひ15F「マダム」でお会いしましょうね

 

手洗い、うがい、R-1!

じゃあね!

 

 

 

 

 

THE ROB CARLTON   夜闇にまぎれた満腹さんと遭遇したい  チェケロー

 

 

コメントをどうぞ